[iOS15] AppleのオンラインイベントWWDC2021を見ていく。新機能の集中モードが良さげ

Apple

結局何がいいたいの?:
iOS15が毎年恒例、秋に登場。facetimeと集中モードの新機能が便利そう!iphone6s以降が対応。他にも多くのアップデートがありますが、そちらは公式サイトでご確認を。

こんな方へ
・ios15で何が追加されるのか簡単で良いから知りたい

※ブログ記事内の画像はappleの公式サイト、及びイベント映像内のスクショです。

WWDCはappleが毎年開催している開発者向けのイベント

WWDCはApple Worldwide Developers Conference(アップル ワールドワイド デベロッパーズ カンファレンス)の略で、Appleのアプリ開発者向けのイベントです。

そしてこのイベントの初日に毎年基調講演というものがあり、新しいiOSやmacOS、新製品の情報を発表します。
この基調講演の新情報を開発者以外でもapple好きの人は楽しみにしているわけです。
アメリカの時間なので日本では午前2時開始で、ガチ勢の方々はリアルタイムで見るようです。
(にわかファンの私は毎年翌日に気になるところだけ少しチェックする程度です。)

今年は残念ながら新製品の発表は全くありませんでしたが、発表された情報の中でも多くの人が一番関心が高いであろう、iOS(iphone)の新機能を2つ紹介したいと思います!

FaceTimeでウェブサイトや映像を共有しながら電話できるSharePlay

FaceTimeでiPhoneの操作画面や、映画、音楽を共有しながら通話できるという新しい機能。
遠くの友達と話しながら一緒に映画を見るとか楽しそうですね!

また、現在発表されている対応予定のサブスクなどのサービスは以下の画像の通りです。

ネットフリックス 、アマゾンプライムとか入っていないのは少し残念ですね。
また、音楽に関しては現在発表されている情報では、applemusicしか使えないみたいですね。

既にlineやzoomを使えば近いことはできていたと思います。
しかし、実際私もLINEのビデオ通話でyoutubeを見ながら通話をしたことがありますが、遅延が多かったり安定しないんですよね。
純正アプリの対応なので、どこまでスムーズに使えるのか楽しみですね!
バグなどもなく、使いやすければFaceTimeを使う人が増えそうな予感がします。

また、この機能自体はapple製品同士でしか使えないみたいですが、今後はAndroid、windowsもブラウザを通してFaceTimeを使えるようになるそうです。

集中モードで通知とホーム画面を状況に合わせてカスタマイズ

個人的にはこれが次回のアップデートで一番そうだし、まさに欲しいなと思っていた機能!
従来のおやすみモードを自分で編集して、何個か設定を保存できるといった感じですね。

仕事に集中したい時に、仕事で使うアプリだけがホーム画面に表示され、通知も自分が決めた範囲で設定できます。
逆に家族との時間に集中したいときは仕事の通知は切る、といった使い方も紹介されていました。

学生にとっては勉強に関係する機能以外全部シャットアウトして集中、といった使い方もできそうですよね。
勉強する時にはスマホの電源を切れば良いのかもしれませんが、オンラインでの教材も増えた昨今ではそういう訳にもいかなくなっているので、これは便利そうです。
「集中モードをスタートしたら、俺は絶対集中するぞ!」みたいな自己暗示と合わせてやる気スイッチっぽい使い方もできそうです笑

今ではiPhone(スマホ)と完全に切り離した生活は、ほとんどの人にとっても難しい状況だと思います。
溢れんばかりのコンテンツ(誘惑)が多くの人の集中力を奪っているのは事実だと思います。
そんな中でデジタル技術との付き合い方を改めて見直すきっかけになる、良い機能になるのではないかと期待できます。

その他のWWDC2021のより詳しい情報は公式HP、ニュースサイトをチェック

今回、私が注目した2つの新機能を簡単に紹介させていただきました。
他にも純正の地図アプリ、macOS、watchOS等様々なアップデート情報を後悔されています。
気になる方はHPで日本語字幕付きの講演アーカイブも見ることができますので、チェックしてみてはいかがでしょうか↓

・Apple公式HP
 https://www.apple.com/apple-events/june-2021/

秋のアップデート、楽しみです!
ちなみにiOS15はiPhone6s、初代iPhoneSE以降が対応みたいです。
これはイヤホンジャック絶対必要マンにとっては朗報ですね笑

では、さようなら!

タイトルとURLをコピーしました